スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇サイトから偽保険証、郵便局から貸付金詐取(読売新聞)

 携帯電話の闇サイトで入手した偽の健康保険証などを使い、郵便局から不正に貸付金を引き出したとして、警視庁は11日、相模原市南区相模大野9、自営業岡田友徳被告(50)(詐欺罪などで起訴)を詐欺や偽造公文書行使などの疑いで逮捕した。

 発表によると、岡田被告は昨年8月初旬、東京都町田市内の郵便局で、弟名義の偽の健康保険証を使って簡易保険証書を再発行させたうえ、同月中旬、世田谷区内の別の郵便局にこの保険証書を提示し、積立金を担保に約700万円の貸し付けを不正に受けて、だまし取った疑い。

 同庁幹部によると、弟名義の偽の健康保険証は、岡田被告が携帯電話の闇サイトを通じ、身分証明書の偽造を請け負う「身分証明書屋」に作成を依頼、3万円で購入していた。

 岡田被告は、ほかにも闇サイトを通じ、親族名義の偽の健康保険証や運転免許証を入手し、郵便局から計約1700万円の貸付金をだまし取ったなどとして起訴されている。

 岡田被告は調べに対し、「仕事の資金繰りに困ってやった」と容疑を認めているという。

 携帯電話の闇サイト上には、「警察の検問も突破可能」などと、運転免許証や旅券の偽造を持ち掛ける書き込みがある。捜査幹部によると、闇サイトで入手した偽造の運転免許証などを使い、振り込め詐欺などに悪用するケースも目立つという。

百万円不正請求で訪問介護事業所指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)
<人事>最高裁(6日)(毎日新聞)
クイズで学ぶ男女共同参画 松戸で検定問題集を無料配布(産経新聞)
<国家公務員>新規採用 キャリア2割減 地方機関は8割減(毎日新聞)
<たちあがれ日本>参院比例に中畑氏擁立 青少年育成に意欲(毎日新聞)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。