スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分け 民間橋渡しで年100億円…医薬基盤研、天下り財団と癒着(産経新聞)

 独立行政法人(独法)を対象にした「事業仕分け第2弾」の3日目となる27日、民間の医薬品開発を支援する「医薬基盤研究所」(基盤研、大阪府茨木市)にメスが入った。天下り法人との癒着や契約の不透明さが明らかになり、仕分け人は「納得できない」と指摘した。

 「密接に協力しているのはどういうわけか」。仕分け人の土居丈朗・慶応大教授は、財団法人「ヒューマンサイエンス振興財団」と基盤研の関係に切り込んだ。基盤研は、がん研究などに使う培養細胞株などの生物資源を財団に無償で提供。財団は、他の研究機関に有償で譲渡している。

 財団の役員40人のうち、6人が基盤研を所管する厚生労働省の出身者。しかも、基盤研は赤字にもかかわらず、財団は毎年約1500万円の黒字を計上している。基盤研には毎年約100億円の国費が流れており、仕分け人は「財団に利益が上がる仕組みはおかしい」と指摘した。

 これに対し、基盤研は「これはやめるべきだと決めている。財団を経由しない方法を計画している」と癒着関係を認めたが、「私たちの前身の団体がやっていたこと」と、原因については無責任ととれる発言もあった。

 また、自前の研究者がいない財団自体にもにも、研究開発費用として約10億円の国費が流れており、これについても議論が沸騰した。

 仕分け人は「理解できない。財団はほぼ何もやっていない。意味のない組織だ」と批判。公益法人が対象となる5月下旬の事業仕分け第2弾の後半で取り上げる方針を決めた。さらに、基盤研そのものの存在についても、なぜ民間への“橋渡し”をする機関が必要なのかという根本的な議論もあった。

 仕分け人からは「製薬業界がビジネスとしてやっており、民間に移管するべきだ」との声も上がったが、基盤研は「小さな研究所だが、民間でも大学でもできないものもある」と反論。主張は平行線をたどった。

【関連記事】
UR賃貸事業は「縮減」 JAXAiは廃止 事業仕分け2日目
ニコニコ生放送、“事業仕分け”中継を会員以外にも開放
仕分け人、科学批判を封印「われわれも研究を重視」「すばらしさ分かります」
「民主党に仕分けする資格なし」内田裕也さんが再び来場
事業仕分け 理研、職員妻に月給50万円 枝野担当相「言い訳ばかり!」
「裸の王様」次に座るのは…

<不審死>入所の94歳女性虐待か 体にすり傷 愛知の施設(毎日新聞)
<東レ>子会社取引で申告漏れ指摘される 異議申し立てへ(毎日新聞)
海軍ヘリ異常接近、岡田外相が中国対応を批判(読売新聞)
<もんじゅ>地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ(毎日新聞)
<福知山線脱線>強制起訴の元社長2人、「重く受け止める」(毎日新聞)
スポンサーサイト

四国4知事が上限料金制の本四道路割高に反発 民主に要望「全国一律に」(産経新聞)

 徳島、香川、愛媛、高知の四国4県の知事は21日、国土交通省が6月に導入予定の高速道路の上限料金制で、本州四国連絡道路が他の高速道路より割高に設定されていることに対し、全国一律の料金制度に見直すよう求める要望書を、国会内で民主党の生方幸夫副幹事長に提出した。

 飯泉嘉門徳島県知事は「平成の大関所になってしまい産業に大打撃だ。四国だけ移動の権利が害される」、真鍋武紀香川県知事は「料金を高くしすぎると四国が沈んでしまう」などと訴えた。これに対し、生方氏は「不公平だというのが率直な意見だ。一部地域にしわ寄せがくるのは避けなければならない」と理解を示した。

 上限料金制は上限を軽自動車千円、普通車2千円と定めているが、本州四国連絡道路だけはフェリーなどに配慮し軽自動車2千円、普通車3千円としている。

【関連記事】
「配慮してもらった」 高速道の新料金、宇高フェリー会社は評価
GWの高速道渋滞予測 旅は忍耐…10キロ以上444回
無料化“公約”どこ? 高速道路、新料金制度のポイント
本四は普通車3千円 6月開始の高速料金上限制で
お得? それもと負担増? 高速新料金でどうなる

「私もぼやぼやしていられない」と自民・谷垣総裁(産経新聞)
進次郎氏、高校の制服は腰パンでした(スポーツ報知)
「吉田松陰の恋」24年経て再版 古川薫さん 膨大な句集からひもといた愛(産経新聞)
円山動物園 ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 札幌(毎日新聞)
火災 鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)

学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で-文科省(時事通信)

 文部科学省は16日、小学6年と中学3年を対象に20日に実施する全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)に参加する児童生徒は計約162万5000人となったと発表した。すべての公立校が参加するのは13県で、3月の集計時より2県増えた。 

【関連ニュース】
空自談合の企業と契約=学力テスト採点業務
テスト点数かさ上げ=教員が誤答を書き換え
小中学校7割が実施へ=学力テスト、11県で全校参加
学テ、市町村名伏せ公開=京都府教委
教員が生徒の誤答を指摘=中1の学力テストで

職員が288万円持ち出し=40年前から簿外資金も-旭川商工会議所(時事通信)
<記者過労死>原告の請求棄却 東京地裁(毎日新聞)
年間で40億円を6社で?! 航空自衛隊の官製談合 天下り受け入れの果てに… (産経新聞)
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕(産経新聞)
有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待-政府(時事通信)

<舛添前厚労相>新党に触れず 東国原知事と会談(毎日新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は15日、東国原英夫宮崎県知事と国会内で約40分会談し、地方分権などについて意見交換した。新党に関する話題は触れずじまいだったが、執行部を批判しながら東国原氏や橋下徹大阪府知事との連携に動く舛添氏に対し同日、党内で離党要求も公然化した。「新党」カードをちらつかせて存在感を高める舛添氏の戦術は限界に近づきつつある。

 会談は東国原氏が要請して実現した。同氏によると、国から地方への権限・財源移譲のあり方などが主な話題で「新党や離党には一切触れなかった」という。ただ、舛添氏は「解党的出直しが叫ばれて久しいが、なかなか進んでいない」と党への不満も語った。

 東国原氏との会談に先立ち、舛添氏は党本部で行われた全議員懇談会を欠席した。これが引き金となって党内から舛添氏への批判が噴出。山本幸三元副経済産業相は懇談会で「結束を乱すなら除名だ」と語気を強め、後藤田正純元内閣府政務官は会合後、「(党を)出るのなら明日にでも出た方がいい」と突き放した。【木下訓明】

【関連ニュース】
舛添氏:次の一手は? 新党構想、援軍なく
舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず
舛添氏:執行部を批判「国会対策あまりに稚拙」
自民党:与謝野氏と舛添氏 党にとどまる姿勢を鮮明に
鳩山氏離党:与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」

民主岐阜県連、体制刷新求め党本部に意見書(読売新聞)
北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
休憩時間中の医院で盗み=計40件か、容疑で無職男逮捕-警視庁(時事通信)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
「統合か、競争か」―審査支払業務の効率化で検討開始(医療介護CBニュース)

「自民も大変だな」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は3日午後、自民党の与謝野馨元財務相が新党結成に向けて離党届を提出したことについて「自民党さんも大変だなという思いはあるが、それぞれの政治家の政党活動は一人一人の信念の話だから、私の今の立場からコメントすることはない」と語った。また、「私としてはこの国を、国民の命を守る立場から、政府として(の職務に)専念していきたい」と強調した。視察先の大津市内で記者団の質問に答えた。 

ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ-国交省(時事通信)
男6人を殺人容疑で再逮捕=公園前路上の男性遺体-警視庁(時事通信)
鳩山首相、与謝野氏離党「自民党さんも大変だなあ」(産経新聞)
<新刊>『今日から始める思考のダイエット』=佐野研二郎著(毎日新聞)
東大寺 東塔復興に向け近く発掘調査(毎日新聞)

<シー・シェパード>元船長起訴 侵入、傷害など五つの罪で(毎日新聞)

 反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」メンバーが、南極海で日本の調査捕鯨船の監視船「第2昭南丸」に侵入したとして逮捕された事件で、東京地検は2日、SSの抗議船「アディ・ギル」の船長だったニュージーランド人、ピーター・べスーン容疑者(44)を艦船侵入、銃刀法違反、器物損壊、傷害、威力業務妨害の五つの罪で起訴した。

【関連ニュース】
シー・シェパード:日本側の対応批判 元船長起訴の方針に
シー・シェパード:抗議船長を追送検…傷害容疑は否認
シー・シェパード:抗議船長を傷害容疑などで追送検へ
シー・シェパード:船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検
シー・シェパード:監視船が下関入港 水産庁が調査

首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」(産経新聞)
保育所で1歳児大やけど、高温の湯で体洗う(読売新聞)
納豆ネバネバに効果あり、池の濁りスッキリ(読売新聞)
<普天間移設>交渉で「共通認識を」 閣僚協議で首相(毎日新聞)
所得補償、11年度は畑作も=農水副大臣(時事通信)

夜まで大雪の恐れ 東北(河北新報)

 東北地方は24日夜から25日夜にかけて大雪の恐れがあるとして、仙台管区気象台は24日、気象情報を出して注意を呼び掛けた。

 本州の南岸を低気圧が発達しながら通過し、25日には三陸沖へ進む見込み。低気圧に向かって北から寒気が入りやすくなる。25日夕までの24時間予想降雪量は日本海側南部山沿い40センチ、太平洋側南部山沿い30センチ、東北南部の平地20センチ。仙台も数センチの積雪がある見込み。


<掘り出しニュース>コアラが名古屋から婿入り 赤ちゃん誕生に期待-平川動物公園(毎日新聞)
普天間 「2段階移設」で交渉 シュワブ→ホワイトビーチ 政府方針 (産経新聞)
校庭にミカン苗、市教委が提訴へ…所有権確認で(読売新聞)
<足利事件>菅家さん無罪へ、26日に再審判決公判(毎日新聞)
<特養>介護職員のたん吸引、厚労省が容認(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。