スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<民主代表選>菅氏つかず離れず 小沢系との連携慎重(毎日新聞)

 「ポスト鳩山」を決める民主党代表選(4日投開票)の焦点は、有力視される菅直人副総理兼財務相らと小沢一郎前幹事長との距離感だ。「小沢支配」の継続を嫌う非小沢系議員は小沢氏の「院政」を警戒する一方、参院選を控え、党内には「小沢氏しか選挙は仕切れない」との声も根強くある。菅氏が小沢氏らの協力を仰げば、非小沢系が対抗馬を出す可能性もあるなど、選挙の構図は菅氏の動向次第で決まる可能性が高い。ただ、菅氏は広範な支持を狙い、側近らに特定グループとの連携には慎重な意向を示している。【田中成之】

 「清新な内閣と、清新な民主党執行部が作れる人に新しい代表になっていただかなくてはならない」

 2日午後、非小沢系の玄葉光一郎衆院財務金融委員長は、自らの勉強会に集まった約80人の衆参国会議員を前にそう語った。

 あいさつには、「新体制では小沢氏の影響力を抑えるべきだ」との意向がにじんだ。代表選を通じ、小沢グループが引き続き主導権確保を目指す動きを見せているためだ。同グループは支援する候補について「非小沢系の代表はいいが、幹事長まで取るのはだめだ」(若手)と、幹事長ポストを同グループに委ねる人物か否かで判断する構えを示す。さらに候補には小沢氏に近い原口一博総務相らの名をちらつかせ、支援を求めてこない菅氏をけん制している。

 非小沢系議員らが、幹事長を辞任してもなお小沢氏への警戒を緩めないのは、圧倒的な影響力ゆえだ。小沢氏は06年の代表就任以来、一貫して選挙実務を取り仕切り、09年衆院選で圧勝した。これで「小沢グループ」と目される議員は、旧自由党系▽衆院若手でつくる「一新会」▽参院若手--ら衆参約150人に達した。

 昨年5月の代表選も、小沢氏が鳩山由紀夫首相を支持したことが決定打となった。現在民主党議員は衆参で400人強。今回も小沢グループの支援を得れば、有力となる状況に変わりはない。

 一方、前原誠司国土交通相や玄葉氏らが所属し、非小沢系議員の多い「凌雲会」と、野田佳彦副財務相が中心の「花斉会」は、小沢氏の影響力を封じ込められる候補を推すことを視野に入れる。菅氏がこのまま小沢氏と一定の距離を置くならともかく、メンバーからは「菅氏が小沢氏に担がれるなら対抗馬を立てざるを得ない」(中堅)との声も出ている。その場合、「白紙」を強調している前原氏らが名乗りを上げる可能性も消えていない。

 凌雲会には仙谷由人国家戦略担当相、枝野幸男行政刷新担当相ら、花斉会には「事業仕分け」で脚光を浴びた蓮舫参院議員らが所属する。それでも、凌雲会では細野豪志前副幹事長が、花斉会では松本剛明衆院議院運営委員長が小沢氏の側近だ。「非小沢で一枚岩」とはいかない。

 民主党のグループは統制が緩く、「掛け持ち組」も大勢いる。また、岡田克也外相、馬淵澄夫副国交相ら特定グループに属さない議員も多い。昨年当選した140人以上の新人衆院議員の立ち位置もはっきりしていない。

 菅氏は、小沢氏とはつかず離れずの距離を保っている。小沢氏との関係は悪くないが、非小沢系にも目配りし小沢グループとの連携は求めない意向だ。

【関連ニュース】
鳩山首相退陣:官僚にも衝撃 重要法案廃案の恐れも
鳩山首相退陣:「捜査の影響分からない」 法務・検察幹部
鳩山首相退陣:「自業自得」「後任期待」…知事に失望感
鳩山首相:記者団との質疑応答取りやめ 記者会は開催要請
鳩山首相退陣:「生活重視」も財源の壁…無駄削減進まず

“普天間”と“政治とカネ”の問題が政権を揺るがせた――鳩山首相、退陣表明演説(Business Media 誠)
<クレジットカード現金化>貸金業法改正後、目立つ多重債務者からの相談急増(毎日新聞)
後継、菅副総理が最有力(産経新聞)
梅酒用の青梅漬け込み開始 大阪のサントリー工場(産経新聞)
電子書籍を利用しない理由(Business Media 誠)
スポンサーサイト

アジサイが見ごろ=長崎市〔地域〕(時事通信)

 長崎市は22日から、「ながさき紫陽花(おたくさ)まつり」を開催している。市内の観光地で色とりどりのアジサイが見ごろを迎え、観光客や修学旅行生の目を楽しませている。
 「おたくさ」の名称は、19世紀、長崎・出島に滞在したオランダ商館医のシーボルトが、愛した日本人女性「お滝さん」にちなんで、アジサイに「オタクサ」の学名を付け、ヨーロッパに紹介したのが由来。
 眼鏡橋や出島、シーボルト記念館、JR長崎駅、グラバー園の市内5会場で、青紫色の「プリンスブルー」や赤色の「ルビー」など10種類、約4000株のアジサイがほぼ満開となり、初夏の長崎の街を彩っている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕闘牛「つつじ場所」を開催=岩手県久慈市
〔地域の情報〕化けものが酒の振る舞い=山形県鶴岡市
〔地域の情報〕チャグチャグ馬コ、今年は6月12日=岩手
〔地域の情報〕「芝桜の丘」に大勢の観光客=愛知県豊根村
〔地域の情報〕16世紀「村中城」の遺構、初めて確認=佐賀市

<武蔵村山市長選>元市企画財政部長の藤野氏が初当選 東京(毎日新聞)
<携帯電話>「うちのルール」つくり違反には没収も フィルタリングしっかり(毎日新聞)
<特定外来生物>オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
<陸自>ミサイル誤発射、原因は隊員のミス 群馬・高崎(毎日新聞)
橋下府知事「大阪市に平松市長1人はおかしい」(産経新聞)

自転車かご300万円ひったくり 大阪・吹田(産経新聞)

 18日午前5時15分ごろ、大阪府吹田市朝日町の路上で、同市内の飲食店経営の女性(64)が自転車で帰宅途中、後方から自転車で近づいてきた2人組の男に、前かごに置いていた現金約300万円入りの手提げかばんをひったくられた。女性は抵抗しようとした際に転倒し、右手の甲にすり傷の軽傷。吹田署が窃盗事件として調べている。

 同署によると、男はいずれも青っぽい帽子をかぶり、1人は青い上下の服を着ていたという。現金は店の売上金などで、女性は午前5時ごろ店を閉めて自宅に戻る途中だった。

【関連記事】
【勿忘草】被害に遭って考えた
十数件に関与? ひったくりで少年逮捕 警視庁 
女性ねらいひったくり30件か 男を逮捕 東京・練馬
「13歳なら逮捕されない」と後輩使ってひったくり 容疑で男子中学生2人を逮捕
小6ら4人、「小遣い不足」とひったくり 72歳女性のカバン奪う
中国が優等生路線に?

政府、口蹄疫対策に総力=農家への生活・経営支援―予防的殺処分の拡大検討(時事通信)
橋下知事PRのバイオ燃料「E3」事業頭打ち(産経新聞)
沈黙続く党内 「小鳩枢軸」で民主、奇妙な安定感(産経新聞)
14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ-交渉は難航も・B型肝炎訴訟(時事通信)
三島賞に東浩紀氏=山本賞は貫井徳郎、道尾秀介両氏(時事通信)

闇サイトから偽保険証、郵便局から貸付金詐取(読売新聞)

 携帯電話の闇サイトで入手した偽の健康保険証などを使い、郵便局から不正に貸付金を引き出したとして、警視庁は11日、相模原市南区相模大野9、自営業岡田友徳被告(50)(詐欺罪などで起訴)を詐欺や偽造公文書行使などの疑いで逮捕した。

 発表によると、岡田被告は昨年8月初旬、東京都町田市内の郵便局で、弟名義の偽の健康保険証を使って簡易保険証書を再発行させたうえ、同月中旬、世田谷区内の別の郵便局にこの保険証書を提示し、積立金を担保に約700万円の貸し付けを不正に受けて、だまし取った疑い。

 同庁幹部によると、弟名義の偽の健康保険証は、岡田被告が携帯電話の闇サイトを通じ、身分証明書の偽造を請け負う「身分証明書屋」に作成を依頼、3万円で購入していた。

 岡田被告は、ほかにも闇サイトを通じ、親族名義の偽の健康保険証や運転免許証を入手し、郵便局から計約1700万円の貸付金をだまし取ったなどとして起訴されている。

 岡田被告は調べに対し、「仕事の資金繰りに困ってやった」と容疑を認めているという。

 携帯電話の闇サイト上には、「警察の検問も突破可能」などと、運転免許証や旅券の偽造を持ち掛ける書き込みがある。捜査幹部によると、闇サイトで入手した偽造の運転免許証などを使い、振り込め詐欺などに悪用するケースも目立つという。

百万円不正請求で訪問介護事業所指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)
<人事>最高裁(6日)(毎日新聞)
クイズで学ぶ男女共同参画 松戸で検定問題集を無料配布(産経新聞)
<国家公務員>新規採用 キャリア2割減 地方機関は8割減(毎日新聞)
<たちあがれ日本>参院比例に中畑氏擁立 青少年育成に意欲(毎日新聞)

事業仕分け 民間橋渡しで年100億円…医薬基盤研、天下り財団と癒着(産経新聞)

 独立行政法人(独法)を対象にした「事業仕分け第2弾」の3日目となる27日、民間の医薬品開発を支援する「医薬基盤研究所」(基盤研、大阪府茨木市)にメスが入った。天下り法人との癒着や契約の不透明さが明らかになり、仕分け人は「納得できない」と指摘した。

 「密接に協力しているのはどういうわけか」。仕分け人の土居丈朗・慶応大教授は、財団法人「ヒューマンサイエンス振興財団」と基盤研の関係に切り込んだ。基盤研は、がん研究などに使う培養細胞株などの生物資源を財団に無償で提供。財団は、他の研究機関に有償で譲渡している。

 財団の役員40人のうち、6人が基盤研を所管する厚生労働省の出身者。しかも、基盤研は赤字にもかかわらず、財団は毎年約1500万円の黒字を計上している。基盤研には毎年約100億円の国費が流れており、仕分け人は「財団に利益が上がる仕組みはおかしい」と指摘した。

 これに対し、基盤研は「これはやめるべきだと決めている。財団を経由しない方法を計画している」と癒着関係を認めたが、「私たちの前身の団体がやっていたこと」と、原因については無責任ととれる発言もあった。

 また、自前の研究者がいない財団自体にもにも、研究開発費用として約10億円の国費が流れており、これについても議論が沸騰した。

 仕分け人は「理解できない。財団はほぼ何もやっていない。意味のない組織だ」と批判。公益法人が対象となる5月下旬の事業仕分け第2弾の後半で取り上げる方針を決めた。さらに、基盤研そのものの存在についても、なぜ民間への“橋渡し”をする機関が必要なのかという根本的な議論もあった。

 仕分け人からは「製薬業界がビジネスとしてやっており、民間に移管するべきだ」との声も上がったが、基盤研は「小さな研究所だが、民間でも大学でもできないものもある」と反論。主張は平行線をたどった。

【関連記事】
UR賃貸事業は「縮減」 JAXAiは廃止 事業仕分け2日目
ニコニコ生放送、“事業仕分け”中継を会員以外にも開放
仕分け人、科学批判を封印「われわれも研究を重視」「すばらしさ分かります」
「民主党に仕分けする資格なし」内田裕也さんが再び来場
事業仕分け 理研、職員妻に月給50万円 枝野担当相「言い訳ばかり!」
「裸の王様」次に座るのは…

<不審死>入所の94歳女性虐待か 体にすり傷 愛知の施設(毎日新聞)
<東レ>子会社取引で申告漏れ指摘される 異議申し立てへ(毎日新聞)
海軍ヘリ異常接近、岡田外相が中国対応を批判(読売新聞)
<もんじゅ>地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ(毎日新聞)
<福知山線脱線>強制起訴の元社長2人、「重く受け止める」(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。